<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

体の機能低下

運動マニアではないけど、動くのは好き。
毎日出来るだけ1時間くらいは歩くように心がけているし、名古屋に来てからも、友人宅の近くに来てからもモーニングを食べに行くのに歩くこと片道30分弱。

なのに、この3日ほどで体重が3キロほど急増。むくんで、今朝はついに瞼がぼってり。

これはまずい。

今朝は友人と朝食の約束をしていたので、待ち合わせの場所まで約30分、当然歩いた。
石垣で買った、パーカッショ二ストのCDを軽快に聞きながら、少し早めに現地に着いたので、持っ来た編み物をしながら友人をまつ。しばらくしてやって来た友人が、挨拶をした私の顔を見て

”ね、病院行こう。”
”でも、朝ごはん”
“今朝、自分の顔見た?”
“ちょっとむくんでるでしょ?ここ2~3日で急に”
”浮腫んでるだけじゃなくて、色、おかしいよ”

結局、病院はすでに別件で行って、結果待ちもあるし、血液検査があまり良くないのは知っている。でも、検査で浮腫みは取れないから、友人の行く整体の先生にお世話になった。

脈を見ながら、浮腫んだ顔、足、若干悪い顔色など見ながら、治療が始まった。
整体は慣れてるが、今までよりもどこもかも、痛い。
”あの、、、最近ストレスあります?”
”はい、”
”浮腫む以外に、眠れないとか、色々あります?”
で、最近の症状をまたまた説明。
結局、1時間半、たっぷりもんでいただいた。

精神的と、肉体的な(おそらく)ストレスから、腎機能、肝機能の低下、胃はほとんど動いておらず、下半身はリンパも血流も悪いのでむくみまくりと言われた。
腎機能は、先日石垣でも言われたが、肝臓まで、、、、、沈黙の臓器ついにしゃべりだしたか、、、

帰りは治りかけていたふらつきが復活。片頭痛まで。
でも、安静にしているうちに、見事に浮腫みは結構ましになった。

全体的な機能低下。 太ったんじゃなくて、良かったが、運動もしてるのにこれだけ浮腫んだら、どうやって今後むくみを取ったらいいのぉ~~~

しばらく、アルコール、大好きなスパイス、カフェイン類禁止。苦手な高タンパク食だって~~
[PR]
by bushfire | 2009-08-28 19:48

モーニング イン 名古屋

名古屋は、モーニングがすごい。
と常々聞いていた。 多治見にいる友人も便利だと言う。

せっかく来ているんだから、その噂のモーニングとやらを満喫しよう。

で、名古屋に着いて3日目、病院の検査もひと段落し、
多治見の友人が車でモーニングを食べに連れて行ってくれた。
と言っても、すでに午前11時過ぎ。ランチの時間。
話によれば、名古屋や、近隣地区は11時半までモーニングは大丈夫、とのこと。

喫茶店に着いて、メニューを見ると、まだモーニングメニュー。
でも、メニューには
トースト、あんこ入りトースト(げ~~~)にゆで卵付きならまだわかる。
さらに

ミックスサンド、シーザーサラダ、ハンバーグ、スフとクリームが乗ったパンケーキ、グラタン、サーモンサラダ、雑炊セット、味噌カツ、、、、
などがモーニングセットにすると、コーヒーか紅茶、それにトーストがついて、さらに上の食事がプラス。
それで、350円から始まり、高くても660円。
立派にランチだ、、、、これであれだけたくさんの喫茶店が成り立っているとは、あっぱれと言いたい。

ただ、朝が7時くらいから、モーニングで頑張っている地域だけに、夜は10時半はラストオーダー。

残念ながら、12時まで開いているスタバもない。
11時を超えると名古屋駅の前には若い子たちが恐ろしい数でたむろしてた。
きっと喫茶店がないから、広場で話しているに違いない。
モーニングのすごい名古屋。あっぱれ。
[PR]
by bushfire | 2009-08-26 18:20

セントレアから裸の付き合いまで。

久しぶりに都会へ戻った。
実は、飛行機の気圧の変化に脳が過剰反応し、減圧は良いが、圧が戻る際に異常にふらつきと頭痛を伴った。 大丈夫かなぁ~~~
などと思う間もなく、飛行機は中部国際空港へ。
いきなりすごい人だった。週末と言うのも手伝って、とにかく目が回るのもうなづけるくらいに、人だらけ。
この10日ほど、あまり部屋からも出ないで、大人しくしていたから、よけいに人の多さを感じる。

名古屋についても、もっと人が多いだけで、うろたえた。
が、心配した友人が、京都からわざわざ、京都から車で会いに来てくれた。
”週末は高速1000円だからぁ~”
と言いながら、普通に来てくれたが、土曜も午前中仕事して、そのまま私の為に来てくれたかと思うと、涙が出てきた。
着いたのが、夜だったので、軽く食事をして、そのまま翌朝待ち合わせて、ホテルの部屋に入った瞬間、私は眠気に勝てず寝てしまった。
翌朝、電話で目を覚ましたら、友人が、出かける手配をしてくれていた。
せっかくだから、疲れを取りに行こうと言う。

お言葉に甘えて、まだ、くらくらする頭をそのままに車に乗せてもらった。
やっぱり変。普段は人に車に乗せてもらうときは絶対に居眠りをしない主義。
なのに気がついたら、1時間近くも寝ていたらしい。
友人に謝って、改めてどこへ行くのか聞いても、
”疲れを取りに~”
だけ。
運転すること、2時間半、
途中、凄い山道やら、町を抜け、着いたのは
a0116023_22201420.jpg

と言うわけで、神の湯。
昔武田信玄が発見したという秘湯らしい。お湯はぬるいが、とても硫黄くさい、効きそうな泉質。
a0116023_22215938.jpg

かなりマニアックな場所の割には、以外に7~8台車が止まっていたから、有名なのだろう。
”まだ時間早いし、次!”
付いてゆくしかない。お湯がぬるかったあせいか、頭痛があったが、少し良くなり、しかも、湯あたりもせず。
もう一つくらいは、湯船に入れそう、、、、
湯船。湯船????
いやいや、頭がぼうっとして無かったら、絶対に止めてた。
a0116023_22252854.jpg


川沿いで、しかも混浴、すぐ上の橋の上からは丸見え。かろうじて、男女別の脱衣場小屋があるだけ。
もちろん予期してないから、水着を持たない私は、手ぬぐいだけでどぼん。
ああ~
”一人じゃさ、なかなか来にくい場所だから”
だと!
しかし、さんざん頭の事を心配してくれて、わざわざ会いに来てくれた、友人の事を思うと旅の恥はかき捨てではないが、混浴入るくらい、、、

結局出るに出られず、かなり人が減るまで長い間入り、これもまたお湯がぬるかったおかげで、のぼせもせずにすみました。
いろいろ石垣での事、遭難の事、今の心境、など話は尽きず、気がつけばまた名古屋に着いていた。
お湯で疲れが取れたのではなく、友人との時間で、かなり心が元気になった。

”じゃ、また様子見に来るから~”
と颯爽と車をまたまた京都に向けて帰って行った友人。
この借りは必ず返すから、今は甘えておくね、、、と、角を曲がって消えて行く姿に誓った。
持つべきは友と言うけれど、人ほど大切な宝はない。

それにしても、混浴、すごかった。
[PR]
by bushfire | 2009-08-23 22:36

久しぶりのライブ

出発を明日に控えて、安静にはしてるものの、以前から勧めて頂いていたライブが気になって、遭難後1週間経ったので、座ったままなら大丈夫だろうと、約20年ぶりにライブハウスにお邪魔した。
コンサートは海外でも、日本でも時々行ったがライブハウスは本当に久しぶり。
規模が小さい分、音も、演奏者との距離が短いから、臨場感があって嫌いじゃない。
今回お邪魔したのは、石垣の私の兄(勝手のそう思っているだけ)が呼んだという4人組のバンド。

父が亡くなって11年。クラシックしか聞かず、ましてやライブハウスなど、過去の自分ではあり得ない話だったが、今年に入って、少しずつジャズ、ロック、その他の音楽も聞くようになったので、自分自身の反応も楽しみだった。

父が自身も半プロ並みのバイオリニストで、芸事には大変厳しい人だったし、長唄の師匠であり、能楽界で初めて、あの東京の能楽堂で椅子に座って(ひざが悪かった)謡ったを母も、かなり耳の良い人だったが、私は残念ながら素人の粋を抜けない歌が好きで歌うだけ。
ただ、小さい頃から音楽だけはあらゆるジャンルをたくさん聞かされてきた。(しかし初めて”凄い”と思った曲は、兄が当時愛していたツェッペリンだった。当時たしか2~3歳)

”音楽は、演ずるものが楽しむべきが、まず第一。ただし、たゆまぬ練習の上にそれはある。
楽しく仲間同士で、または一人で聞き、演じ合う分には、楽しみ、興じることこそが、動物的感を人間が楽しむべくして音楽が与えるもの。
しかし、1円たりとも、お金を頂けば、それは、自分が楽しむだけでは許されない。
聞く人の為に演奏せねば、あるいは歌わねばならない。

いかに自分が有名になろうと、人が自分の陶酔ぶりを称賛しようと、プロとは、聞く人を満足させるためにある。

プロとしての芸ごと、すべてにそれは通じる。”

生前、高校時代に筆を折るときに、父が語ってくれたことである。だから私は芸大を諦めた。

今回、自分も音楽ではないが、芸事をプロとして始めるにあたり、今回のライブは大変意味深かった。
ただ単に、観客として音楽を聴くのではなく、ボケた頭に、改めて、これからやろうとしている事の重大さがしみた。

自分の評価は自分がするんじゃなくて、人が評価する自分が、自分の評価。
お金と言う数字で自分の感性を評価される事の怖さ。
これから、それを味わう。
目の前の彼らは長らくそれを味わってきている。

物や、技術なら、まだ数次にあらわすのは、やさしいが、感性は、自分の評価と、人の評価は開きやすい。

昨晩は、ソロでも活動されている、パーカッションの方の演奏に、後遺症付きの脳は反応した。
ひとりで演奏すれば、傑出つする才能と技術。 しかし、人と組んだ時に、相手との調和が必要になり、自我を出せば一気に、協調性を失い、音楽が崩れる。単独で活動する人が、人と組む野は難しいと思う。

私は単独だから、気が楽だけど、改めて、これから始める事が怖くなった。

何はともあれ、ライブの後、大きな音の音楽はしばらく脳を混乱させた。
[PR]
by bushfire | 2009-08-21 11:24

脳シントウ後遺症がくれた物

昨晩も、地震があった。小さかったけれど、確かに揺れていた。でも、脳シントウのおかげで、自分がふらついてるのか、地震なのかが、寝ていてもわからないほど。

病名、脳しんとう後症候群。 中程度から、重度の脳しんとうには、よくあるらしい。
今の私の症状の90%が当てはまる。 通常安静にしていて、1週間以上症状が出なければ、一応大丈夫。数週間続く事もあるらしいが、安静にするしない。 注意しなければならないのは、短期間の、二度目の脳しんとう。2回連続すると死に至ることもあるらしい。 が、注意するしかない。

友人が、心配して、来週すぐにもと病院の手配をしてくれ、事故当時のCTの映像も今日、受け取った。
思ったよりおおげさになってゆくけど、改めて、生きて帰ってこれてよかった。

別に無茶をしたくてしたわけではないし、下調べもしていった。持ち物も、たかが標高300m弱の山には有り余る装備のおかげで助かった。 が、確かにハブにかまれていたり、アレルギーであるハチに刺されていたら、間違いなく死んでいただろう。 イノシシもいるらしいから、襲われなくてよかった。

人間はいろんな別れ道を日々選択し、生きている。わずかな瞬間の選択が、以外に生死を分けている。
今回、いろんなラッキーが重なり、頭の後遺症だけで助かった。

以前車の事故をした時は、一応当時大丈夫と診断され、10年くらいして、色々症状が出てきた。今度も、たぶん何年かすれば出てくるだろう。良くも悪くも、体にその人の歴史が刻まれてゆく。

明日で、ちょうど1週間がたつが、まだ症状は変わらない。外傷はさすがにまだましだけど、それでも、コブは痛くて、まだ腫れたたまま。

病気で、やけになって遭難したと思った人もあったらしいが、とんでもない。私は生きるために必死にもがいた。
脳シントウ後遺症で、かなり体も心もダメージは受けたが、くれた物もある。
まだ、自分は自分の生命力を信じているし、生きているんではなく、生かされている。
改めて、助けてくれた人や、させてくれた人の温かい気持ち。
切り捨てなければならなかった人への冷酷な自分。(優柔不断だっただけですが、、、)

石垣で、全て今までの悪いものを出しきって、帰っておいでと言ってくれた友人がある。
確かに、そうあってほしい。 
悪運、今までの自分、病気、今まで捨てられずに苦しみながら持っていた物、少しずつではあるが、処理できてきた。

文字通り頭を打って、もう一度やり直し~
[PR]
by bushfire | 2009-08-19 17:13

母の存在、父の立ち位置

昨晩から頭痛が始まり、いよいよ脳疹とうの調子が悪い私。早く検査したいよぃ~~~(石垣では無理とあっさり病院で言われた、、、)

で、がんばって本日もリハビリ運転で、怖いから今日は近場。
町で海鮮丼を
a0116023_12541388.jpg

マグロ、イラブチャ―、えび、いか、アワビ、海ブドウがたっぷりのって、1300円也。現地では高めのランチだけど、内容的に豪華。一日1食の身としては、この上ない幸せ~

が、今日も昨日も、気になる事が。
観光客の家族連れ。
昨日もテラスから浜辺の家族連れを眺めていた。
たぶん長男と同じくらいの年頃の男の子。
”おい!父ちゃん!飯なんて食ってないで早く俺と遊べ!とろとろすんな!”
しばらく無視していた父親も、あまりうるさい息子に負けて、遊びだすが父親に水をかけて、げらげら笑う姿ははっきり言って、見ていて気分がわるい。全く親に対する敬意が感じられず、父親もそれをたぶん嫌なのに、笑いがひきつったまま、怒らない。
しばらくして、食事をゆっくり済ませた母親が、
”パパ、ooちゃんの相手ちゃんとしてよ!”
と言って自分は化粧を始めた。そこへ息子が
”お母さん、こいつ寝てばっか~”
と父親をさして言う。
不快さのあまりに、その子を殴りに行ってやろうかと思った。父親はたぶん不景気に必死に働いてやっと家族で川平へ来たはず。それなのに、息子からはひどい言葉を浴びせられ、母親は何もそれに対してしないどころか、息子のサイドに立つ。
 よく、今の親子関係は歪んでると言うけど、これが一般的なら、ここまで妻と子をのさばらせる父親も父親なら、食べさせてもらってる妻はもっと最低だ。よいしょしろと言うのでなくて、子供に父親に対する言葉づかいを改めろと言うくらいはできるだろう。親しき仲にこそ礼儀ありだ。
母親にはちゃんとした言葉がつかえて、父親には友達以下の扱い。
おかしい、、、

今日もランチ中に似たような光景が実は3件もあった。
”おい、その海老よこせよ!俺、海老好きなの知ってるだろ!”
と息子が父親に向かって言っていた。 母親は知らんぷりで、さらに、
”私のもアゲルからねぇ~”
だとぉ~~~~!!

”お前にはこの味わかんねぇよなぁ、普段会社の定食しか食ってないもんな~”
これが息子が父親に言うセリフか、、、、、誰のおかげで普段食事ができて、そこに旅行で来させてもらってるんだ!!! 
少なくとも、オーストラリアの家庭では考えられない。今までこの手の親を愚弄する会話を聞いたことがない。
もし反抗期でも、そんなセリフを言おうものなら、、、。(いないこともないがその場合自分で家をでて、自活始めて、親のありがたみが身にしみる事がほとんど)

今、母親は夫には無関心で、子供にべったりだとよく聞く。
子離れできない親は、親離れできない子供よりも悲惨だ。

私も手痛くそれを経験しただけに(誓って私の息子たちの事ではないです、彼らの名誉の為に!)このような光景を見ると、本当に気分が悪くなる。父親も何も言わないその弱さが腹立たしい。

旅先だからこそ出る、普段でない言動は、奥の心理をあらわすことがあるという。

私がいなくても、(いないから?!)まともな言動でいてくれる息子たちと、面倒見の良い元旦那に本当に感謝したい。 ま、もし最近見聞きしたような言動を息子らがもし、したらタダではおかないけど~。
[PR]
by bushfire | 2009-08-18 13:37

3年ぶりの川平

a0116023_13454138.jpg

3年前一人で石垣に来た時にレンタカーで訪れて以来の川平。
今回はずっと忙しくて来られなかった。運転の練習を兼ねてのランチにでました。

今朝はいきなり寝込んでいたら、地震に見舞われ、マグニチュード6.3と言うことだったけど、マンションはやっぱり揺れる。寝ていてもなんだか落ち着かなくて、思い切って出てみた。

車が使えるのもあと2日。最後に川平の凪いだ海でも見れば心も晴れるかと。

ショックなことが一つあった。今朝、地震の前に身繕いをしていて、久しぶりに鏡を見て、目を疑った。
髪の色がおかしい。
遭難以来、頭がぼうっとして鏡などしばらく見ていなかったが、見てびっくり。遭難する前には確かになかったおびただしい白髪。
マリ―・アントワネットは、投獄され一晩で白髪になったと言うが、それもあながちウソではなかったらしい。
抜いてごまかせるほどの量ではない。ストレスって怖いと思った。
確かに、あのジャングルの中で、熱中症で彷徨ってパニックになったら、ストレスがかからないわけはないが、体に短期間でここまで出たのは初めて。

もう、無理はするまい。
せめて、フライトまではゆっくり過ごそう。心もゆっくり、体もゆっくり。 これ以上白髪は増やしたくない。

で、オルベージュでランチと言う安直な私。でも、本来20分ほどで行ける距離を30分以上かけて、ゆっくり運転。まだちと感覚がおかしい。

テラスに座って、お魚のランチを注文、
a0116023_1356743.jpg

アーサとみず菜の入ったスープ。
a0116023_13565419.jpg

生のゴーヤ、カボチャ、キュウリ、へちま、サラダ菜まではいいけど、業務用丸出しのドレッシングが、、
a0116023_135836.jpg

地元の白身魚(不明)のグリルにタイグリーンカレーソース和え。
絶対にグリーンカレーソースではない!カレーのカの字も味がしないよぉ~~何のソースだったのかは不明。
ちと焼き過ぎだったけど、魚は美味しく頂きました。
a0116023_1403334.jpg

デザートはパッションフルーツのゼリー、シークワーサのソルベ、スイカとドラゴンフルーツのピース。
少量づつでよかった、、、、おなかも満たされ、目の前にある川平湾も静か。

やっぱり食後は頭が極端にぐらつく。1週間で治まってくれるのを待つしかない。

しかし、農薬でのどを焼き、台風に怯え、山で遭難して、最後に地震、人災天災も両方とも、ここへきて今までのウン十年の人生でもこんなに短期間で、ここまで激しい体験はした事がない。
貴重と思えばいいのでしょうが、わたし、やっぱり祟られてる???
[PR]
by bushfire | 2009-08-17 14:11

久しぶりの外出

まだ頭がなんだか変。
後頭部の打ったあたりがざわざわする。ぼうっとしているのはと相変わらず。細かい事が考えられない。
本当に大丈夫かと不安になるが、もう少し我慢するしかない。

久しぶりに自分の運動能力を試そうと、編み物を出して、少し編んでみる。
いまいちい今までのように綺麗にはいかない。それでも、一応作業は出来る。

問題の車の運転。
たぶん大丈夫だけど、事故したらそれこそ帰れないから、ゆっくり慎重に、、、、

町の反対側にある、島胡椒さんにランチをついでに食べに行ってきた。久しぶりの外はまぶしい。

わずか15分ほどの運転だか、やっぱり妙に神経を使う。注意し前を見ている様で見てなかったり、、、

とりあえず無事に到着。お昼前なので、人はまばら。
頼んだのは週替わりのスローランチ。

初めての外での玄米!
a0116023_16225839.jpg


ゴーヤの和えもの、昆布のイリチー、カボチャの和え物、サラダ、ゆし豆腐(おぼろ豆腐のお汁)、グリルチキンのバルサミコ、玄米ご飯にゴマ塩。

ちょっと夏にしては玄米がべとつき気味で、濃い感じがしたけど、お味も皆薄めで、おいしく頂きました。

最後にお善哉が出てきてハッピ~

これで980円は安い!!

遭難以来食後にものすごいふらつきと言うか、グラグラするので、ゆっくり休んでからの再び運転。本日の限界だ。

でも、ちょっと元気が出てきたので、今日は夕食を作ってみることに。
冬瓜、なす、ハスの実、レンズ豆のスープカレー。 それとうりずんの和えもの。
今日は2品で限界。
早く普通に行動したいよぉ~
[PR]
by bushfire | 2009-08-16 16:29

もうすぐお盆

今年のお盆はずっと働いている。
父が亡くなって11回目のお盆。母が亡くなって10回目。

年に一度だけこの世に帰ってくると信じられている家族の魂。
そんな事があればうれしい限り。
でも、父と母が亡くなってから、は両親の声すら思い出せない。あんなに慣れ親しんだはずなのに、どうしてもおもい出せない。恨んででも、怒りにでもいいから化けてでて欲しいと願ったこともある。もう一度両親に会えるなら、、、
それも一度もなかった。
お盆にはよく家族がお墓参りに行って、お経をあげて、、、、
私はしない。
薄情なのではなく、いつも心の中に彼らはあって、わざわざお盆だからと思いださないから。
パースに移住して以来、ずっと物理的に離れていた両親が死んだことで、いつもそばにいてくれる気がした。

信仰は人それぞれ。
わたしはお墓参りも行かない。 いつも遺骨を持ち歩いてるし、心にいつも彼らは居ると信じている。形にこだわらず、心でしめしたい。
お盆にだけこの世に帰って来るなんて、思っていない。彼らを思い出すたびに彼らは私の心にある。
生きている大切な人も、離れていても、その人を思うたびに、その人は側にいる。

前に進むと決めた自分の首に今もある、行き別れた大切な人。
相手はどう考えているだろう?知らない。
でも私は、今もその人に幸せで、元気であって欲しいと願う。
私の病気が、どうぞその人の病の分まで取り去って、私に降りかかるようにと今でも、思う。

お盆は、死者に感謝しつつ、生きている人がもう一度生きていることを大切にする日でありたい。

私も両親に感謝しつつ、まだ生かされている幸せをかみしめようと思う。
[PR]
by bushfire | 2009-08-11 01:58

久しぶりの太陽

この5日ほど、台風の事と仕事のことしか頭になかった、、、、。
なにしろ、台風がちかくなれば風しか吹かないし、仕事で毎日遅くて、きれいな月夜は覚えていても、きれいな日差しは今日までお預けだった。

今朝、カーテンから漏れる日差しで目覚め、うれしさのあまりに勢いよくカーテンを開けると日差しがバッと部屋になだれ込んだ。 本当にうれしかった。風はまだ強いけど、それでもは戻ってきた感じ。

車を洗車して、洗濯をして、、、ああ、お天気が当たり前で毎日綺麗な海しか見なかったけど、台風の後のお天気はもっときれい。
a0116023_1446363.jpg


綺麗ついでに、先日自分で作ったマイグラスをご紹介。
初めて自分でガラスを吹いてグラスを作りました~
石垣では唯一の吹きガラス工房にて。
a0116023_14483327.jpg
a0116023_14485167.jpg
a0116023_14491475.jpg


こちらに来てから、結構仕事ばかりで忙しい時と、自然との時間がゆっくり持てる日のばらつきが激しかった気がするけど、仕事前にビーチに行って泳げる幸せは特別。

下旬に石垣を去り、次の仕事の下準備にいきなり中部地方へ。その後東京で修業して、それから私の新しい自分が始まる、はず、、、。(でも、やっぱりたまには石垣は訪れたい!!)

すでに、かなりな爆弾行動に出始めた私は、今年の終わりにはきっと、新居で微笑みながらワインを飲みつつ、来年の策を練っているはず。

来年から、パースと日本を再び行き来しながら、あと15年後には、引退できる。それまで病気と共に再び人生をぶっ飛ぶ準備ができた。

先月まで、人生の底は一体どこにあって、いつ抜けられるのかと、本当に分からないで泣いていた。
底はあった。心の中に。それを見つけた時が抜けられる時。

私の本質は四柱推命でも、どんな占いでもいつも“水”だと言われてきた。
やっとわかった気がする。
水はどこへでも流れて道がある所に行き、そこへ馴染んでゆく性があると言う。
必要とされる人と所へ、どこへでも行く。
そして、常に水は流れている。止まらないらしい。

流れながら、馴染みながら、それでも止まらないで生きて行くのが合っているなら、そうしてみよう。
”早く落ち着きたい”
と言うのは、ないものねだり~

花は流れてどこどこ行くのぉ~
大好きな歌にはそれなりに理由があったのねぇ~
[PR]
by bushfire | 2009-08-10 15:44